スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュリンプ

なが根、おとじろうの深く切り込んだ入り江にあるクラック。
以前、海岸一帯を散策したときちょこっとだけ見に行ったことがある。
取り付きには懸垂下降でしか取りつけないから、上から下の様子を伺うしかしかなかったが、深く暗くずいぶんイメージが悪かった印象があった。
でも懸垂で取りつきに降りてみると、午前中は岩や取り付きにも日が当たり、その印象は割と見当違いだったようだ。
思い出した見ると、そのときは日暮れ時の夕方で暗い印象を抱いたのも当然かもしれない。
その時は、「悪夢」と「ディビーズクッキー」も見に行ったのだが、ディビーズクッキーは発見することすら出来なかった。
どなたかディビーズクッキーの詳しい場所分かったら教えてください。

さて。シュリンプ12C
城が崎のクラックの中でクラシックの課題で100岩にも載ってない、“迷”課題!
興味は持っていたけど、場所柄、その他いろいろな条件で機会はないだろうと半ばあきらめかけたが今回運良く取りつくことができ、完登することができた。

取りつくにも面倒。木にスリング連結しまくりで支点を取りフィックスを張る。
最後にユマーリング&荷揚げ用のロープにするためにね。
そして懸垂下降で取りつく。荷物背負いながらの、しかも空中懸垂になるから体が後ろに持ってかれやたら苦しかった。

クラックの状態は完璧ではなかった。中間部の最もかぶりが強い部分のシンハンドサイズのクラックはかなりシケっていて染み出して濡れている箇所があった。

シュリンプしかないので、アップなしでいきなり取りつく。
1回目は探りとプロテクションの位置確認。最後の核心部分のムーブが一部グレーだったが、アップもかねていたので深追いせずにほどほどでやめる。
2回目はトップロープでさらに探り。ムーブは大体分かった。中間部の濡れているシンハンドクラックはジャミングをやらないムーブで解決。この岩の状態だとジャムをしない方が確実だと思った。リーチを体幹を駆使したムーブで解決。
3回目はRPトライ。中間部濡れている箇所で手が濡れる。すっぽ抜けそうで怖い。そしてナッツを決めて最後の核心ムーブでフォール。
ここはもっと“いいムーブ”があった。こっちに修正。

日没や帰りのユマーリング、荷揚げ等を考えるとオチオチと休んでいられない。あまり回復していなく休む時間がなかったが、最終便で何とかRP。最後のデッドムーブでかなりやばかったが気合いでとめた。

過去のロクスノのDig itの城が崎編に今回のシュリンプが載っていた。読んでみると改めてこのルートの初登に至るまでの経緯やいきさつが分かり面白かった。
Dig itでは、シュリンプの他にあと2つの課題が特集してあった。
ブリザードと悪夢。
先日RPしたブリザードの記事を読んでみるとこっちも大変面白い。自分も「吉田コレクション」を追いかける一部の“マニア”に足を踏み入れてしまったか(笑)?
そうすると次は橋モトさんが設定した「悪夢」に!?


スポンサーサイト
プロフィール

hashimo

Author:hashimo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。