スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱風

2/14(土) の二子は初夏の陽気。あらかじめ天気予報で気温がグングン上がり、午後には風が収まるということで、昼から夕方までは何もできないだろうなと思い、いつもより早めに出勤し午前と夕方の2回トライに絞ることにしました。

最近は本気トライの1回目を11時30分~45分の間で調整しているけど、この時間帯はちょうど岩に日が当たりはじめて1時間くらい経った頃合いで、アップを終えて間が空きすぎないちょうどいい時間帯。もちろん焼き石は必携。唐獅子~流れのホールドは細かい縦ホールドで指に食い込む痛さがるので、冷
たさと痛みをギンギンに熱した焼き石で散らす必要があるからです。

1回目のトライで今日も真珠入りまで行きましたが、そこでいつも通り落ちました。1回目のトライはこんなものでしょう。いつも通りワンテンで抜ける。

午後は思ったとおり暑すぎて何もできず。時間を持て余しながら昼寝をしたり、ラジオを聞いたりして過ごしていた。

午後の3時くらいから再びアップを始めて夕方のトライに備えた。

2回目のトライは午後5時前に。真珠入りの足上げまで行き、右足がガバスタンスに乗らずに落ちる。
相変わらず苦しいけど、1足1足少しずつ進歩している感じがする。ワンテンで抜ける。

ムーブが完成していて修正の余地がほとんどない段階で、2日連続同じルートをやってもあまり意味がないと最近は思っています。特にかなりの持久力が要求される課題はただやみくもにトライを重ねれば完登が近づくわけでもないと思ってます。(ボルダー的ルートはそうでもないけど。数打てば登れるのが多い。)完登には肉体的な回復も当然ですが、メンタル的な回復、集中力も大事な要素だと思ってい
ます。機が熟すまで待つことが、遠そうに見えて実は一番近道ということもあると思います。

土曜の夕方のトライは好感触で、集中力も翌日まで持続しそうだったので、当初日帰りの予定でしたが、御用達の須崎旅館が空いてれば泊まって日曜もワントライだけしてみようと思い、旅館に連絡すると幸い空き部屋があったので久しぶりの宿泊。なぜか夜は熟睡することができず。須崎の枕はちょっと柔らかすぎるんだよね。枕を2つ重ねてもまだ不十分。

日曜はいつものメニューでアップを済ませ、いつもの時間に本気トライ。なかなか好感触で真珠に合流する前のホールドで左右の手をうまくレストすることができた。しかしやはり真珠のところで右足がガバスタンス上がらず。そしていつも通りワンテンで抜ける。

いいイメージを残しておきたいので、これでおしまいと思い(結局また夕方1回やってしまった・・・)残りの時間は、“隙間ルート”で遊ぶことに。何気にこう見えても隙間ルートマニアです。最近は登っていない残された隙間ルートも数少なくなり、また本業で手一杯なのでなかなか着手できません。で、一反木綿、徒然草、二子ランチをのぼりました。星屑のファンタジーっていうルートをはじめた見ましたが、非常に面白そうでした。今度機会あったらやってみます。

夕方にもう一回、「流れ」トライしましたが、唐獅子で落ちてしまいました。最近は唐獅子ではほとんど落ちないのだが、やっぱり漫然と集中していないときにやっても無駄なんだと思い、悪いイメージもすこし残してしまったのでちょっと反省。落ちたついでに唐獅子の直上バージョンの バスターのムーブをやった。そんなに難しくはないのでこれはやれば登れそうな感触でした。

今回は任侠と真珠をつなぐホールドで片手ずつシェイクしてレストする体勢ができたことが収穫でした。ここでシェイクして真珠入りの核心に突入するのと、できないで突入するのは微妙な違いかもしれないが完登するには大きな違いかもしれないですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hashimo

Author:hashimo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。