スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシン踏む

Tiplepはあとワンポイントムーブが定まらない。最終ヌンチャクから終了点までの核心ムーブが断片的にできたけど、その中でどうしても1手が止まらない。2本の斜めに走っているヘアピンクラックを使うのだが、ボルダーグレードで初段+位なのだろうか。
午後になると相変わらず日が当たりまともにトライできないし、夕方になると虫がいっぱい出てきて刺されて血吸われるので、だから夏は嫌い。トータルボルト11本で7本目と8本目の間の小ハングが第一の核心でボルダーグレードで1Q位。大したレストポイントもなくなかなかストレニ。ここまで13a位。その後ボルト2本分の易しめのダブルクラックを登った後、最後の最後で最大の核心をこなしてトータル13dと思う。今回は7本目まで繋げたが、第一核心もなかなかむずーい。
というかこの季節にトライするにはキビシー。様子見てちょくちょくトライして秋に勝負かけたいな。

翌日は小川山へ行って、久しぶりのマラ岩へ行く。
11Cのフィンガークラック、「オーバーヒート」をやりに行った。
ルート自体は短いがその分凝縮されている感じだ。
何よりクラックと岩が非常に美しい。
離陸から出だしの数メートルがいきなり核心であった。
おまけにクラックが細く、自分の指も太いので数か所しかジャミング決められずカチ持ちレイバックが主体になった。ムーブとプロテクション決めるのに2回かかって、3回目のRPトライでなんか左手がヌメる。
そしてすっぽ抜けて落ちる。そのときの墜落を止めたストッパーが岩に食い込みすぎて、ある意味このストッパーを回収するのが一日の核心だった・・・。
回収不可能になりかけたが何とか回収。そのまま降りてきて、小休止してRPした。

ムーブ主体のクラックといえど、イムジンやバナナ、蜘蛛糸より難しく感じた。
毎回思うのだが初見のトライでもっと突っ込んで行けないものか、とクラックに関してはいつもビビりモードになってしまう。経験値が足りないと言えばそれまでだけど、まだまだクラック修行が足りないなぁ、と反省ばかりの一日だった。しかし小川山では目ぼしいクラックはもうローリングストーンと流れ星しか残ってないから、十一面辺りで修行しないと
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

hashimo

Author:hashimo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。